2:6:2の法則

2020.03.24 Tuesday

0

    例えば10人いる社員の方に仕事をさせた場合、稼ぎ頭が2人、普通に働くものが6人、あまり仕事が出来ない者が2人発生してしまう様です。この10人の中の2人をピックアップして、上位2人で10人チームを組んでも、どうしてもその中でも下位の2人が生まれてしまい、2:6:2になってしまう様です。雇い入れる社員の方の人数や、配分も考慮するべきでしょう。

    関連する記事
    コメント
    コメントする